1/72 ドイツ軍 E-75 ビエラフースラー型 ヤクト・アインオーガ FIST OF WAR

商品番号:47007

販売価格:2,090円(税込)

定価 2,200円(税込)

在庫状況 あと1個です

店頭にて現金でお支払い

【ご注文の際にご確認ください。】
 ご注文フォームからのご注文の際、すぐに「ご注文受付メール(自動配信)」が届きます。
 また、後ほど在庫確認やご送金先を記載した「ご注文確認メール」を、ご注文より約24時間以内に送信させていただいております。
 上記のメールが届いていない場合、メールアドレスの誤入力や配信トラブルが考えられます。
 メールが届いていない場合は、お手数をお掛けいたしますが、下記までお電話にてご連絡いただけますと幸いです。

  文具とプラモの店 タギミ 072-695-6304

お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

購入数

【車体解説】
 「E-75 ビエラフースラー型」戦車は戦闘による砲塔破損等により様々な現地改修を受け、後にその仕様が制式配備されるケースもあった。
 アインオーガはビエラフースラー型改修の128mm高射砲の単装装備型で、先に生産された「ツヴィリング(連装)砲塔型」に対しドイツ語の「一つ目」の名を冠した。この車体は「ツヴィリング砲塔搭載型」の砲身破損や故障において一時的に単装に換装されたものだったが、その軽量化による機動性の向上と量産性により後に制式配備され、自動装填装置が取り付けられたものは主に対戦車自走砲として用いられることとなった。
 後に、この自走砲に巨大な砲塔装甲を装備したものが駆逐戦車へと昇華し、兵士たちからヤクト・アインオーガと呼ばれることになったのである。
 ヤクト・アインオーガはごく少数が生産されたが、部品不足や兵員の練度不足によりまともな戦果が挙げられなかった一方、過去の過酷な戦線を生き抜いた戦車兵の一人が戦車長を務めた車両はベルリン攻防において1日に34両を撃破したとの記録が残っている。
(フィスト・オブ・ウォー®より)

【商品内容】
●ドイツ軍「E-75 ビエラフースラー(4脚)型」を1/72スケールで再現。
●巨大な戦闘室は360度旋回、128mm砲身も上下可動。
●車体前面のライトと赤外線暗視観測装置は取付選択式。
●車体底面のクーゲルブリッツ砲塔は360度旋回、最大俯角約85度。
●脚部は付け根、膝及び足首関節が可動。
●足首のシリンダーは関節の動きに合わせて収縮可動。
●水転写のドイツ軍デカール付属。
●1/72スケール組立式プラスチックモデル。

※写真は試作品を組み立て、塗装仕上げしたものです。
※組立には模型用ニッパーと接着剤が必要です。
※細かい部品の取り扱いにはご注意ください。

【FIST OF WAR® について】
 「FIST OF WAR」シリーズは、「もし第二次世界大戦の終戦が2年遅れていたら、ペーパープランで終わった兵器開発がどのような発展を見ただろうか」、というコンセプトに基づいて展開するシリーズです。
 また、多脚型に代表されるオーバーテクノロジーについては、その技術をドイツ軍が最初に手に入れ、そして世界中に広まっていくことになる過程を小説や映像などのコンテンツで配信していきます。

【E-75ビエラフースラー型戦車について】
 E-75ビエラフースラー型戦車は長距離陸路移動または砲塔破損等により様々な現地改修を受けた。その中には後に制式配備される仕様もあった。
 ヤーヌス”はローマ神話の双面神の名の通り、車体上下にクーゲルブリッツ砲塔を搭載。対空戦闘だけでなく対地近接戦闘にも用いられた。上下の30mm機関砲に別種の砲弾を装填することもあり、地点攻撃にも対車両攻撃にも非常に高い有効性を発揮した。またその軽武装ゆえの軽さを生かし傾斜の厳しい地形においては偵察車両としても用いられた。
 アインオーガは128mm高射砲の単装で、先に生産されたツヴィリング砲塔型に対しドイツ語で「一つ目」の名を冠した。この車体はツヴィリング砲塔搭載型の砲身破損や故障において一時的に単装に換装されたものだったが、その軽量化による機動性の向上と量産性により後に制式配備、4連自動装填装置が取り付けられ主に対戦車自走砲として用いられることとなった。


メーカー:ロケットモデルズ / Rocket Models


(C) ロケットモデルズ


カテゴリーから探す