ヘキサギア 1/24 ボルトレックス LA仕様

商品番号:HG036

販売価格:5,967円(税込)

定価 7,020円(税込)

在庫状況 あと1個です

店頭にて現金でお支払い

購入数

【機体解説】
 「アースクライン・バイオメカニクス」が開発した第三世代型ヘキサギア『ボルトレックス』は、製造を委託した工廠が都市ごと陥落したために、その量産機体の多くは「MSG ヴァリアントフォース」の保有機体となった。
 「リバティー・アライアンス」は同社に対し「ロード・インパルス」の製造に注力するよう指示し、結局その後も製造拠点の再建の目途が立つことはなかった。
 「リバティー・アライアンス」に残った「ボルトレックス」はわずか100機余りと言われ、幾つかの戦闘で「ロード・インパルス」との協働運用に投入され一定の成果を上げたものの、部品の供給が途絶えている為に短期間の内に消耗し前線からは下げられている。
 また、「アースクライン」には開発時に用いられた試作機や部品が残されており、前述の残存機と併せて「ボルトレックス」に代わる新型機体の研究開発に使用されている。

 「白いパラポーン・イグナイト」。白いボルトレックスを駆る槍騎兵達。彼らはSANAT直属の独立部隊と言われている。
「MSG ヴァリアントフォース」とは完全に切り離された命令系統に基づいて行動し、「リバティー・アライアンス」或いは「アースクライン・バイオメカニクス」と接触して何らかの協調関係を得た。
 部隊を指揮するイグナイトは情報体となる以前は「リバティー・アライアンス」の士官であり、彼の搭乗する白い「ボルトレックス」は生前の乗機であったと言う。
 しかしヘキサギアに搭載された人工知能は「KARMA」であり、「リバティー・アライアンス」が持て余した残存機を引き渡したとする説もある。
 部隊には「イグナイト」の他に「センチネル」や「ミラー」なども存在し、ヘキサギアも複数の機種が確認されているが全容は不明である。
 こうした独立部隊は目的を異にするものが他にも幾つか存在するとみられ、その目的が不明瞭なこともあって「MSG ヴァリアントフォース」全体の動向を掴み難くしている。
 彼らの関係が一時的なものか、長期に亘って続くものであるのかは不明である。

【商品仕様】
●「レイブレード・インパルス」や「モーター・パニッシャー」との組み換えをしやすくする為、「ボルトレックス」のカラーリングを「リバティー・アライアンス(LA)」のカラーリングへと成型色を一新。
●「ボルトレックス」はアイセンサーやバイオレットの箇所を塗装済みパーツで再現。組み立てるだけで設定カラーに近い仕上がりとなります。
●「ボルトレックス」は格闘形態(ゾアテックスモード)から走行形態(ビークルモード)へとシステムコンバートを行うことが可能。
●「ガバナー パラポーン・イグナイト」の成型色を変更した特別仕様が付属。
●「イグナイト」の武装は「ボルトレックス」へと装着しオリジナル形態へとカスタマイズすることが可能。

【付属品】
■ボルトレックスLA仕様
■ガバナー パラポーン・イグナイト(白個体)
■PVC製ヘキサグラム×1

※写真はキットを組み立て、塗装仕上げしたものです。
※一部の写真は使用例です。キットには「1/24 ボルトレックス LA仕様」以外は付属しません。


メーカー:コトブキヤ / KOTOBUKIYA


(C) KOTOBUKIYA


カテゴリーから探す